ドコモがスマートフォン4機種を発表

ドコモがスマートフォン4機種を発表した。1機種は秋以降だが。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/05/18_00_5.html

LYNX SH-10B

dynapocket T-01B

BlackBerry Bold 9700

2つはauのとほぼ同じ。秋以降にGALAXY S。

ドコモがスマートフォンに力を入れてくれるのは良い感じ。
いずれちゃんと方向キーの載ったものも出してくれるだろう……。
数年後、HYBRID W-ZERO3が耐用年数を超える時期には良いのが出ていますように。
3Gサービスさえ続いてくれれば、HYBRID W-ZERO3で5年くらいもたせてもいいけど。
HYBRID W-ZERO3以上に気に入る端末はなかなか出ないだろうなぁ。


このクラムシェル型Android機は開発機が販売されているから
ちょっと欲しいのだが、94,800円とお高い……。
Androidマーケットも載っていない。

Androidのアプリケーション開発者向け専用端末を発売(JN-DK01)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100512-b.html
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100512_366432.html

コメント

  1. 初めて書き込みさせて頂きます。

    私もHYBRID W-ZERO3を気に入っているので、
    他の機種を見て触っても・・・という感じです。

    ほぼ毎日拝見していますので、とても勉強になります。
    ありがとうございます。

    返信削除
  2. sou_neさん、見て下さって有り難うございます。

    そうですねぇ。やはりHYBRID W-ZERO3が一番。
    これからもW-ZERO3シリーズが出てくれればいいのですが。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

物理テンキー付属Android11スマホ『Xiaomi Qin F21 Pro』を購入して任意アプリをインストールしてみた

Axon 40 Ultra購入 第3世代アンダーディスプレイカメラで遂に違和感のない画面へ

Epsonの小型PC、Endeavor ST180Eを購入 ストレージ&メモリを換装